管理番号[KS1311221] セミナー終了

トヨタ工場見学会&トヨタ生産方式の取り組みと進め方

変化に対応するコンパクトな生産方式をVTRで事例紹介!見て学ぶ!

【セミナーの特長】

『トヨタ生産方式の本は沢山読んだし、実際に生産現場に導入し推進したい。』とお考えの工場の管理者・監督者の皆様! 国内生産拠点の生産現場・生産管理・物流は、製造原価削減やリード・タイム短縮の課題に加え、品質・コスト・納期の不具合問題が山積みです。問題解決の仕組みをトヨタ生産方式の導入によって進めて下さい。

多品種少量・変種変量生産の影響や、改善活動の取り組みと進め方、そしてトヨタ生産方式の基本をテキストと スクリーンよる図表・VTRで解説します。

問題解決能力に優れた仲間を作り、変化に対応したコンパクトな多品種小ロット生産ラインにて、標準・モデルを 築く事の重要性を気付いて頂きます。

【工場見学の見どころ】

標準作業の遵守(作業標準ではない)
・同一手順で作る為、品質にバラツキがない
・同じタイミングで、同じ時間で作業する

 混流平準化生産(同じ色の車は2台と続いてこない)
・作業方法の共通化
・誤作業対策
・検査、調整方法の共通化

紐スイッチで作業者がラインを止める
・後工程はお客様
・異常があったらラインを止めて不良は流さない
・止まるライン、止めるライン

品質保証上の作業者への依存度を低くする
・ボンネットに作業指示書
・作業者一人一人が指示書の見る部分が異なる
・部品の取り間違いの防止

ジャスト・イン・タイム
後工程引取りを実現するかんばんの仕組み
目で見る管理“アンドン”・・・・etc

トヨタテクノミュージアム「産業技術記念館」では、近代日本の発展を支えた基幹産業の一つである繊維機械と、現代を開拓し続ける自動車の技術の変遷を見学します。

日時

【セミナー】
平成25年11月12日(火) 13:30~18:30

【工場見学】
平成25年11月13日(水)  8:20 ~ 14:30
JR名古屋駅集合・解散(詳細は申込時に御案内)

講師・会場

会場
 愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」
 名古屋駅より徒歩約2分

講師
 ㈱T.M.A. コンサルタント 柴田繁男

定員

30名

会費

49,500円(税込51,975円)
※ 2日目の昼食代を含みます。

締切日

平成25年11月8日(金)


お知らせ

・ 見学工場側の申出により支障のある方々は、見学をお断りすることがありますからあらかじめご了承下さい。
・ お申込書受付後にセミナー参加のご案内、参加券、ご請求書を発送致します。
・ 工場見学は、見学先工場様のご好意により実施するものです。

セミナー詳しくはPDFファイルをご覧ください。