管理番号[KS1003061] セミナー終了

デンソーとトヨタ自動車工場見学会&一気通貫 生産方式セミナー

☆ 良いものを 最も短いリードタイムで 安く造る 混流平準化生産ライン見学会 !!

「よくトヨタが、トヨタ生産方式で何百億円、何千億円もの合理化利益を出したといわれたが、それは、ちょっと違う。
生産台数がどんどん伸びていた時は、どんな事をしても利益は出るものだ。トヨタ生産方式の強みが本当に発揮されるのは、
車の生産にかげりが出てからだ。」と生前、大野耐一先生はよく話されました。
世界同時不況の今、まさにその時ではないでしょうか。
  ☆ 減量生産の時代に高収益をめざす企業経営者
  ☆ 在庫、仕掛品を激減させたい現場の管理監督者
  ☆ 省人化して、一人当りの付加価値をアップさせたい工場責任者  の方々の御参加をお待ち致しております。一気通貫生産方式セミナー 『モノを安く作ることは、決してたくさんモノを作ることではありません。必要なモノを、必要なだけ、必要な時に しかも、短いリードタイムでモノを作ることです。』
 本セミナーは、そのノウハウを 経験豊かな(株)T.M.A.の菅原茂比古より解説致します。

■ 工場見学のポイント

<トヨタ自動車(株)>
組立工場見学
標準作業の遵守(作業標準ではない)
 ・同一手順で作る為、品質にバラツキがない   ・同じタイミングで、同じ時間で作業する
混流平準化生産(同じ色の車は2台と続いてこない)
 ・作業方法の共通化   ・誤作業対策   ・検査、調整方法の共通化
紐スイッチで作業者がラインを止める
 ・後工程はお客様    ・異常があったらラインを止めて不良は流さない    ・止まるライン、止めるライン
品質保証上の作業者への依存度を低くする

 ・ボンネットに作業指示書   ・作業者一人一人が指示書の見る部分が異なる    ・部品の取り間違いの防止

ジャスト・イン・タイム

後工程引取りを実現するかんばんの仕組み

目で視る管理“アンドン”・・・・etc

<(株)デンソー>
メータ工場見学
 ・素材から完成品までの加工・組立の一気通貫ラインの仕組み
 ・射出成形機 1人5台持ち&ストアーからかんばんによる後工程引取り(見学コースからの見学となります)
 ・需要の変動に柔軟に対応できるフレキシブル合理化 ライン(少人化ライン:セルライン)
 ・チップマウンター自働化ライン
    かんばん・アンドンの活用による目で見る管理の 仕組み(品質は工程内で作り込む)
 ・売れるものを、売れるだけ、売れる時に!!
    ジャスト・イン・タイムと後工程引き取りの仕組み
 ・人材教育システムの仕組み
    人材育成道場:(~品質教育QCサークル、改善教育、技能伝承教育、保全PM教育等~)
 ・環境への取り組み (草木と人間環境の調和工場敷地緑地割合30%)

日時

【セミナー】
平成22年3月9日(火)13:00~18:00
【工場見学】
平成22年3月10日(水) 9:10~17:00 (昼食付)
集合場所: JR刈谷駅(東海道線) 9:10集合(9:20出発)
解散場所:JR名古屋駅 17:00 解散予定
工場見学スケジュール
デンソー見学 9:30~11:00 デンソー本社+高棚製作所(メータ工場)
トヨタ自動車見学 13:00~15:30 組立工場+トヨタ会館

講師・会場

会場:
愛知県産業労働センター「ウインクあいち」 (名古屋駅より徒歩約2分)
講師:
(株)T.M.A. 代表取締役 シニアコンサルタント 菅原茂比古

定員

40名

会費

59,800円(消費税込)

締切日

平成22年3月2日(火) 
※定員になり次第締め切らせて頂きます。


お知らせ

・ 見学工場側の申出により支障のある方々は、見学をお断りすることがありますからあらかじめご了承下さい。