管理番号[SE1307161] セミナー終了

時間観測と分析の方法と標準作業の作成~1日で体得~

事例と実習で学ぶ!!

【参加のおすすめ】 良いモノを 短いリードタイムで 最も安く作る手法です!! 人、物、設備の動きを時計等で測定し、時間に置き換えることで、現状の姿を定量的に把握し分析することができます。標準作業を作成する為の基礎資料として必要です。「標準」というと、難しく考えがちです。 ① その工程の仕事のやり方を決める ② 同一手順で作る ③ 作業のカン、コツ、急所を会得する そうすれば、誰がやっても、同じ品質のものを、同じ時間で、作ることができます。 標準作業は、タクトタイムと作業順序と標準手持ちという3つの要素を決めて、人の動きを中心として、ムダのない順序で、効率的な生産をするやり方です。 知識は読書や座学で学ぶことができます。しかし技能は実際に訓練をしてみて始めて吸収できるものです。 「目で見てやってみる」事を主体に、分かりやすく解説致します。

日時

平成25年7月10日(水) 13:30~17:30
※開催時間が多少前後する場合があります。詳細はお申込後、ご案内にてお知らせ致します。

講師・会場

会場
 浜松市内会場(詳細は申込時に御案内)

講師
(株)T.M.A.代表取締役 菅原茂比古

定員

30名

会費

29,800円(消費税込)

締切日

平成25年7月8日(月)


お知らせ

・お申込受付後にセミナー参加のご案内、参加券、ご請求書を発送致します。

セミナー詳しくはPDFファイルをご覧ください。