★“鬼”のワークショップ!【TMAかわら版(Vol.24)】

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┐
【TMAかわら版(Vol.24)】2014年7月30日
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥:*’゜
★  “鬼”のワークショップ!
└◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

毎日暑いですね~(´Д`;) こんにちは!奥です!

7月の名古屋でのセミナーと工場見学は、台風に迫られ、

ご心配をおかけしましたが、無事決行!

そんな中ご参加いただきました皆様、本当に有難うございました!

 

このメールは、改善に役立つ大小様々な情報をお届けします。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】改善 SO・YOU・KOTO? (Vol.6)      【 “鬼”のワークショップ! 】
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

先日、「トヨタ生産方式しっかり基本講座」東京校 を開催いたしました。

2日間のコースです。(1日目の座学のみのご参加も可能)

1日目と2日目午前は、菅原先生の講義。

2日目午後は、手作業改善の“鬼” 副社長が講師のワークショップを行いました。

 

あるもの(これは秘密にしときます!)を使って、

① まずは標準の無いところで1人で組み立てる

② チームで1個流しの工程を作り、量産体験をする

③ 時間観測をして、1個あたりの組み立て時間を測定

④ 読み取れることを考えていく

 

「発言しない人は、腕立て10回ね!!!」

と言って、皆さんを恐怖に陥れた(笑)副社長ですが、

終了後のアンケートでは、下記のような感想をいただきました!

 

・    工程の工夫で時間の短縮が実体験できて良かった

・    リーダーが実際に工程を知らなければ、指示できないと思った

・    工程づくりを体験し、現場作業者の目で見ることが大切だと思った

・    標準作業と段取りが、いかに必要かがわかった

・    チームメンバーの協議で人の考えは様々。皆で集まれば良い活動ができると感じた

・    とても分かり易い研修だった

・    実際即使えるような改善研修だった

・    1秒という時間の大切さを学ぶことができた

・    現在の仕事に活かせる事がたくさんあった

・・・・etc.

 

(ご安心ください!鬼っ!とは何方も書いておられません)

 

ここでは、ざっとしかご紹介できませんが、

何と!100%の方々が、『とても役にたった』 と最高の回答(評価)を下さいました!

皆さんの満足度がとても高い研修、ぜひ実際に体験してみてください!

 

次は、神戸と博多で実施します!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】 奥のよそ道 【編集後記】  自分の良いところを20個書ける?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

か、書けない・・・。

自分のいいところなんか、書けない・・・。

悪いところを書けと言われれば、湧水のように書けるでしょう。

 

しかし皆さん! それでは、いけないのです!

 

先日、「部下の育成に必要な事」セミナーに、参加させていただきました。

様々な実習が行われるのですが、「自分の良いところを書いて下さい!」

と、セミナーが始まってまもなく、講師のI先生が仰っしゃいました。

 

う~ん、と、戸惑っているご参加者の方々も少なくない。

 

セミナー終了後に、I先生と、副社長、担当の先輩玉ちゃんに、

自分の良いところが、数個しか書けなかったことを伝えると、

「自分の良いところがわからなきゃ、ひとの良いところなんて、わかんない!

まずは20個書いてごらん!」

 

・・・と言われました。

 

「私なんか、20個なんか、あっという間に書けるわよ!

人に見せるわけじゃないのだから、いいと思ったら何でも書いてみればいいの!

あ、でも、この間この人(玉ちゃんを指し)に仕事だから見せちゃったけど。」

と副社長。

 

それに対して玉ちゃん

「そーだよ、副社長なんて、そりゃないだろ って事まで書いてるよ!」

(え、えええっ?!)←玉ちゃんの大胆な発言に尻込みする奥。

 

「いいんだよっ! 自分がいいと思うことが大事なの!!!」

という副社長を無視して、玉ちゃんが続ける。

 

「私だって、最初は全く書けなかったけど、今や20個くらい、あっという間に書けるし!

例えば、私のパスタは皆に美味いと言われるとか!」

 

その発言を聞いて、

「じゃあ、私もアスパラ茹でるの上手いって書こうかしら。」と奥。

「そう、そうめんの鬼、副社長、 アスパラの鬼、奥、 パスタの天使、玉ちゃんていうでしょ!」

(自分だけ天使かいっ! しかも誰も天使って言ってないし!)

 

この「部下の育成」セミナーの凄いところは、

無意識の思いや、気づきを、いつのまにか得ている事。

ああ、自分ってこうだったのね、と、知りたくない事まで、知ることに。

 

知ってしまうと、見えてくるものが続々出てきて、

上司と部下の関係じゃなく、社会人として、人として、

こうありたい、こういう事が必要なんだ、というのが見えてくる。

 

ぜひ皆さん、まずはご自分の良いところ、20個書いてみてください!

スラスラ書ける自分、全くかけない自分、それに対していろいろな思いが出て来るはず。

 

奥は先日、めでたく20個書けました~!!!

誰にも見せませんがね。フフ。